車を査定して欲しいけど、どこの会社が一番高く買い取ってくれるのか?

皆さんが最も気になることだと思います。

しかしネット上では「高く査定してもらうためのコツ」が多く出回っておりそれはそれで必要なことではありますが、もっとも重要なのは「一番高い査定額を付けてくれる買取業者を探す」ことだと思います。

いくら査定士が良い人であっても他社と比較して査定額が大幅に安いのでは意味がありません。とにかく「査定額」の大小です。

車を査定に出すことなんて、普通の人なら一生のうちに何回もあることではありません。

そう考えたら査定士との交渉というよりも機械的に一括して査定額を出し冷静に金額を決めていく…で良いと思います。

車の査定は最終的に売却ということになります。車を買う時であればアフターフォローなどでお店のことなども気になりますが、買い取りの場合はその場限りで終わりなのでアフターフォローなども気にせず一方的にこちらのペースで取引を進めることが出来ます。

安心して高い査定をしてくれる会社の探し方

最も簡単なのは一括査定サイトで査定を依頼してしまえばガリバー、カーチス、カーセブン、ラビット、ジャック、アップル、ビッグモーター、ユーポスなどにまとめて依頼することが出来るので最速で比較ができます。

しかし、多数の業者に個人情報が漏れてしまうのが怖い!という方も少なからずいるのも事実。

査定を出すために個人の情報をあまり知られたくないという方は、ピンポイントで査定士てくれる業者を探しそこに申し込むのがおすすめです。

ちなみに、ほとんどの場合でメールアドレスや電話番号を求められるので、この点については割り切ることも必要です。だからこそ高く査定士てくれる業者をきちんと選別することが重要になります。

まとめて査定をしたい方はこちら

高い査定額を出しそうな買取業者とは?

  • 買取実績が多い
  • 中古車販売ルートを持っている
  • 社歴が長い

買取実績が多い

決して高い査定を出すという保証はありませんが、買取実績の多さは多くの方が納得して売却をしたという信頼の証でもあります。

もちろん違った見方をすれば販売網が多いとか有名だからとかあるとは思いますが、そんな大手だからこそ悪評はすぐに出回ってしまうので下手に安い金額は付けません。

中古車販売ルートを持っている

これは結構重要で、査定して買取った車は通常オークションで販売しそのマージンを取るのが一般的な買取業者の収益構造です。

ですが、オークションの場合は落札した業者もマージンを考えるので極力安く仕入れたいと考えます。そうなるとオークションで売る側からすれば比較的安くなりやすかったり、売価がハッキリしないということがあります。

中古車販売のルートを独自に持っていると仕入れコストはゼロ、そして自社で値付けをして買取った車を売ることが出来るので極力高く査定し多くの車を仕入れたいと考えるものです。当然高く査定してもオークションで仕入れるコストよりは下がるので買取に力も入ります。

社歴が長い

言い換えれば、大手業者であるということでもあります。

ネットの発達により新規参入業者も増加していますし、買取専門店の店構えじゃないのに「高額査定」とか「高価買取中」というお店。街の整備工場などでもよく見かけます。

こうしたところが絶対に高く査定してもらえないという訳ではありませんが、査定の経験値が少なかったりその時のお店の経済状況で査定価格が安定しないことがあります。

もしかしたら奮発してものすごい高値で査定してくれることもあるかもしれませんが、自分が逆の立場だったらできるだけ安く買い取ろうと思いませんか?

そう考えると社歴が長い買取業者は査定に関する充分なノウハウがあります。企業によって設定している利益率が当然違うので全てが均一というわけではありませんが、その車や市場に応じてその会社としての最高の査定価格を提示してくれるのです。

社歴が長い・大手業者はこちら

査定する業者が決まったら「高い査定額をつけてもらうコツ」を知りましょう

何年乗ったかにかかわらず一度所有した車は愛車として思い出があり、愛着を感じるものです。買取を考えているときに、この愛車にいくらの価値を付けてくれるものだろうと考えます。

確かに車は年数がたてば経つほど価値が下がり、価格も下がっていくものですが、出来るだけ高く売却する事ができたら、愛車を手放す私達も気分が良いものです。

また通常愛車を手放して、次に他の車を購入する計画がありますが、そのときに買い取り金額がよければ、購入資金の足しにすることが出来ます。

もしかしたらより一層自分の好みにあった車を買うチャンスが増えるかもしれませんし、買う車のグレードをあげることもできるでしょう。ではどのように買い取り金額をアップさせる事ができるのでしょうか?

まずは買い取り額をあげることのできる時期とは?

中古車市場は変動があります。なぜなら需要の供給のバランスがあるからです。

需要が多いときには買い取り業者も出来るだけ中古車のストックが欲しいですから、良い価格を付けてくれるでしょう。

それとは逆にもし、需要があまりない、中古車市場があまり人気のない時には、買取金額もそれほど上がりません。

それでいつが一番中古車市場がにぎわうかということを知っておくと良いでしょう。それは2月から3月です。なぜならその時期には新たに新生活が始まる時期ですから、車を買う人が増えるからです。

その需要が増える時期の前には中古車が沢山必要になってきますから年末までには買取を考えておくと良いでしょう。

もし出来たら年始よりも年末のほうが買い取り金額が良い場合があります。その理由は車の年式です。車の年式は毎年1月1日で一年古くなります。

それで年末と年始では、買取を希望している車が何年前の車であるかの表示が一年変わってきてしまうのです。もちろん年式が新しいほうが買い取り業者も高く買い取ってくれますので、年始に売却するよりも年末に売却するほうが良いでしょう。

また車の買取を考えているなら今乗っている車の新しいモデルがいつ出るかも考えておくと良いでしょう。世の中にはある車種を気に入っており、常に新しい同じ車種が出たらそれに乗り換えると決めている人がいます。それで新しいモデルが出た場合にその新しいモデルを購入し、以前の車を売却するのです。

そうしますと以前のモデルが沢山中古車市場に出回りで価格が下がります。それで今乗っている車が大きくモデルチェンジをするならその新しいモデルの発売前に買取を計画するのが賢い方法です。

買取を決めているのならできるだけ早く契約まで済ませてしまいましょう

愛車の買取を考えているときには、一括査定サイトを利用する方が多いですが、そのときに交渉するのに手間取ってしまったり、どこの買取をお願いするか決めることが出来なくなって、何日も、場合によっては何週間も過ぎてしまう事があります。

しかし、その間に車の買取金額は変動します。基本的に中古車の値段は上がる事はなく下がっていきますので、早めに行動するのが肝心です。

早めに行動しないなら、車の年式は古くなり、車検の残日は減り、自賠責保険、自動車の税金の期限も短くなります。またその間にその車を使用しているならば、走行距離も増えてしまい見積額は下がってしまいます。

それで車の売却を検討しているなら、優柔不断になることなく早めに行動し、契約しましょう。覚えておきたいのは、待っても車の買取金額が上がる事はないという事です。
車は綺麗に保っておくことで大切にしていたことが伝わる
買い取り業者が重視する点はエンジンの調子と、外観の綺麗さです。なぜならその部分が修理に費用を必要とするため、もし状態がよくないなら中古車市場で高値で取引することが出来ないからです。

しかしだからといって車の買取をお願いするときに車が綺麗かどうかは関係ないというわけではありません。買い取り業者から派遣されてくるスタッフは中古車を査定するプロフェッショナルです。

そのような人はオーナーがどれほど車を大切にしてきたかを車を見て判断する事が出来ます。車が綺麗に保たれているなら、車を愛し、よく手入れしてきた事を理解しますので、車の査定額にも影響してきます。

それで見積りの前に洗車をして、室内も掃除や消臭しておきましょう。このようなことは非常に細かい事に感じるかもしれませんが、それによって買い取り額が幾らかでも変わるならやっておく事に越した事はありません。

放置しがちな付属品を大切に保管しておく

以前買った車が新車であるなら、純正の付属品がついています。例えば、取扱説明書、整備記録、スペアキーなどです。もしこれらのものがきちんと管理され、なくしていないなら査定のときにプラスになります。

それでこれらの付属品をきちんととっておきましょう。またはホイールやエアロなど購入後に取り付けたものがあるかもしれませんが、純正のパーツも残しておきましょう。

跡で取り付けた付属品と純正のものがあるならどちらも査定してもらう事ができて買い取り額もアップするからです。

様々な車種の買取も高値で可能です

改造したスポーツカーや事故車などは売却時に価格がつかないことも多いのですが、専門で扱っている業者もありますので心配いりません。特別な車両に関しては単純に売るだけではなく、目の慣れた業者に査定してもらって買取をしてもらうのがベストです。